Top Page» 近視・遠視・乱視・老視

近視・遠視・乱視・老視

屈折異常(近視・遠視・乱視)と調節異常(仮性近視・老視)について

正視

正視遠くから目に入ってきた光が、ちょうど網膜(眼の奥にあるカメラのフィルムにあたる部分)にピントを合わせている状態のことです。

 

 

 

 

近視

近視遠くから入ってきた光が網膜より前で像を結ぶため、ぼやけてしまう状態です。ピントを合わせるためには凹レンズによる矯正が必要です。

 

 

 

 

 

遠視

遠くから入ってきた光が網膜より後で像を結ぶため、ぼやけてしまう状態です。通常、生まれてすぐの赤ちゃんは遠視で、成長に伴い徐々に近視化していきます。ある程度の年齢になっても強い遠視が残る場合、目の成長が妨げられ将来視力が出にくい目(弱視)となる場合もあります。ピントを合わせるためには凸レンズによる矯正が必要です。

 

乱視

遠くから目に入ってきた光が網膜に像を結ぶ際、縦の光と横の光がずれてしまう状態のことです。ピントを合わせるためには円柱レンズによる矯正が必要です。

 

仮性近視

近くを長く見続けることにより毛様体筋が異常な緊張を起こし、水晶体が厚くなった状態が続いてしまう状態です。目の緊張をほぐすため目薬を使った治療を行います。

 

老視

齢に伴い水晶体が硬くなり、調節力が低下した状態のことです。40歳前後から始まるとされ、視力低下や目の疲れの他に頭痛、吐き気、肩こりなどの原因となることもあります。本人に合わせたメガネをかけることが重要です。

調節力

目に入ってきた光が網膜に到達する間に、ピントを合わせようとする力のことです。目の中の毛様体という部位が、水晶体と呼ばれる部分の厚みを調節することにより生じます。子供のうちはこの力が強く、年齢を重ねるほど低下していきます。