Top Page» 白内障

白内障

白内障とは

目の中の水晶体と呼ばれる部分が濁ってしまう病気が白内障です。
濁り方は人それぞれで、濁り方の違いにより症状も変わります。

原因

最も多い原因は加齢(年をとっていくこと)によるものです。
そのほかにも先天性、外傷性、アトピー性皮膚炎や糖尿病による合併症、薬の副作用など様々な原因で起こります。

症状

一般的なものは「目のかすみ」や「視力低下」です。特に、メガネを調整してもなかなか良い視力が出ない場合、白内障を疑う必要があります。
そのほか、「目のまぶしさ」、「メガネが合わなくなってきた」、「物がだぶって見える」などの症状があることもあります。

検査

視力検査と細隙灯顕微鏡検査(特殊な拡大鏡を使って水晶体の濁りを見る検査)が最も基本的な検査となります。
また、詳細に調べるためには散瞳剤を使った検査が必要となります。

治療

白内障を改善する方法は、現在手術療法のみとなります。日常生活に不自由を感じない程度であれば、点眼薬などを使用することにより白内障の進行スピードを遅くする治療を行います。