Top Page» 緑内障

緑内障

緑内障とは

何らかの原因で視野(見える範囲)が障害され、進行すると見えなくなる事もある病気です。

  • 20人に1人
  • 岐阜県多治見市で行われた緑内障疫学調査により、40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障であるということがわかりました。

  • 自覚症状
  • 初期の段階では自覚症状はほとんどありません。これは中心部から離れた部分から見えにくくなることが多いことと、見えにくい部分があっても両方の目で補って見ているために自分では視野障害には気づかないことが多いからです。

  • 早期発見 早期治療
  • 現在、一度障害された視野を元に戻す治療法は無く、病気の進行を遅らせることが治療の目標となっています。そのため最も重要なことは早期発見、早期治療となります。

  • 緑内障の診断
  • 眼圧検査、眼底検査、視野検査などの結果を総合的に判断し診断されます。健康診断や会社検診などで「視神経乳頭陥凹拡大」や「高眼圧症の疑い」、「緑内障の疑い」などの異常があった場合は必ず一度眼科を受診し、診断を受けるようにしましょう。

網膜神経線維層欠損

視神経乳頭部から扇状に広がる、周りの網膜の色と比べて少しくすんで見える部分が網膜神経線維層欠損部です。網膜神経線維層欠損は最も早期に生じる緑内障性眼底変化といわれ、その部位に一致する視野障害を認めることが多い所見です。

網膜神経線維層欠損(白黒写真)

網膜神経線維層欠損を無赤色フィルター光にて撮影すると、その部分が周りの網膜に比べ暗く写り、通常の検査よりはっきりと観察することが可能となります。

視野欠損

黒い部分が見えにくい部位です。緑内障の場合、弓状暗点や鼻側階段など呼ばれる中心部を避けた視野障害から進行することが多いといわれています。

視神経乳頭部出血

丸い部分が視神経乳頭部といわれる部分です。視神経乳頭出血は健常者では稀(0~0.21%)で、緑内障性変化を持つ視神経乳頭に特徴的に生じるとされています。